美術講座のご報告

第二十六回「ルネサンス美術講座」
  ラファエロは教皇宮に何を描いたのか
   「署名の間」の空間デザイン
          5月14日(土) 多摩美術大学 松浦弘明教授

署名の間の天井画を東西南北それぞれに、壁の画とともに見上げてみました。
 東「アテネの学堂」、古代ギリシャの哲学の世界
 北「パルノッサスの山」、詩学の世界
 西「聖体の論議」、神学の世界
 南「キリストの美徳の下に制定された民法と教会法」、法学の世界
教皇ユリウス二世の署名の間のメインテーマは、 それまでの古代文化とキリストの世界を融合させる「真理の探究」では、 というお話を伺いました。


ヴァティカン美術館 「署名の間」
次回は7月16日(土)、ラファエロは教皇宮に何を描いたのか
 ダンテの「神曲」とラファエロの壁画
です。