美術講座のご報告

第十九回「ラファエロ没後500年記念講座」
     -若きラファエロのこころみ-
       2月15日(土) 多摩美術大学 松浦弘明教授

 ラファエロ・サンツィオは、15世紀末にイタリア中部ウルビーノに生まれ、14才頃にペルージャのペルジーノの工房に弟子入りした。 彼の初期の作品は、師のペルジーノ(ペルージャの人の意で本名ピエトロ・ヴァンヌッチ)から、美しい色彩や優美な人物の描写を習得していることがよくわかる。 ペルジーノとラファエロの作品を並べて、師からの影響の強い初期の作品のお話を伺いました。


1501~1502年頃の作品
『聖セバスティアヌス』
ベルガモ アカデミア・カッラーラ美術館


ペルジーノ 『マグダラのマりア』


1502~1503年の作品
『モンドの磔刑図』(283.3×167.3cm)
ロンドン ナショナル・ギャラリー


ペルジーノ 『キリストの昇天』


1504年頃
『マリアの婚約』(170×117cm)
油彩・画布
ミラノ ブレラ美術館


ルジーノ 『聖母の結婚』

次回は、2020年5月16日(土)の予定です。
  ラファエロ没後 500 年記念講座
    -レオナルド・ダ・ヴィンチからの影響-